美容や健康のために必要不可欠な脂質。

私のDNA検査結果から脂質の代謝が低いということが分かりました。

ですが完全にカットするのはよくないと以前お話したのですが、

理由はこう。

摂りすぎるとカロリーオーバーで

肥満や生活習慣病などを引き起こす可能性があるのでNGです。

↓↓

「知識」

脂質…

細胞膜やホルモンの材料になり、

脳を構成する成分の65パーセントは脂質でできている。

というこは良質な脂質を摂ることで、

神経同士のネットワークがスムーズになり、集中力が高まります。

また美肌に欠かせないビタミンなども脂質があることで,

体内で吸収できるわけです。

肌の保湿も脂質が支えているんですよね。

 

こうみると特に女性には脂質は欠かせないという事が分かると思います。

ただやみくもに脂質をとっても良くないんです。

 

良い脂質と悪い脂質が存在するので、使い分けが必要です。

★良い脂質(血栓のリスクを抑えて、中性脂肪を減らす)

オメガ3脂肪酸…青魚 えごま油 アマ二油

★悪さをしない脂質(心疾患リスクの軽減、抗酸化作用)

オメガ9脂肪酸…オリーブオイル、ゴマ油

★気を付けたい脂質(アレルギーや炎症を起こしやすい)

オメガ6脂肪酸と飽和脂肪酸…サラダ油、菜種油、バター、ラード

★控えたい脂質(脂質が酸化して、細胞に炎症を引き起こす)

トランス脂肪酸と、酸化した油…加工食品や菓子パン、

クッキー、アイスなどに含まれるショートニング

 

私は幸いにも菓子パンや油ものをそこまで好んでは食べないですが、

クッキーやアイスは大好きです。

DNA検査から私は※高カロリー嗜好タイプの遺伝子、をもっていて、

ここから脂質の高いもの、甘いものを好みやすいことが判りました。

クッキーやアイスを好むのは,

遺伝子が影響している傾向があるといえます。

 

ただ先天的な影響が3割、その後の生活習慣が7割といわれているので、

本来、好きである菓子パンや油ものが好きではないのは、

7割の部分の生活習慣が影響しているのかなと。

話は少しそれましたが、効率的な脂質の摂り方を紹介します。

 

★パンを食べるときはバターやマーガリンよりも、

オリーブオイルとソルトで食べる。結構おいしい。

★炒め物もサラダ油からオリーブオイルやごま油、えごま油にシフトチェンジ。

★外食でどうしても油ものを食べないといけない時もあるのでその時の対処法はこれ。

運動で汗をかいて排出 Or 食事と一緒にウーロン茶やジャスミン茶を飲んで吸収させない。

 

ちなみに1日の脂質の摂取量は個人の平均摂取カロリーの20%になります。

一日平均基礎代謝が1800kcalの方ですと、

20%なので1800×0.2=360kcal

脂質は1gが9kcal

360÷9=40g(摂取脂質量/1日

 

これが目安になります。

脂質の摂り方も工夫次第で、健康と綺麗も手に入れられるんですね。