シミやくすみは食べ物が原因かも

肌トラブルと糖分をとりすぎた時の糖化現状の関係

について書きます。

 

今日はシミ、くすみについてです。

 

こんなことありませんか。

シミがずいぶん増えた

肌がくすんで透明感がなくなった

 

米井嘉一先生の

「抗糖化 何歳からでも美肌は甦る」から、

これ以上老化のスイッチをオンにしないための

策を紹介します。

 

糖化の詳しい内容はこちら

 

糖化がシミを引き起こす原因…

シミの原因となるのがメラニ色素。

これは紫外線から肌細胞を守るための防衛機能です。

このメラニン色素がターンオーバーによって

きちんと排出されれば、シミにはならないのですが、

体内で糖化が進んでいてAGE(糖化現象から発生する悪玉物質)

たまっている状態だと、うまくターンオーバーできません。

よってメラニン色素が表面に沈着しシミとなって

残ってしまうんです。

 

対策としては…

もちろん糖化(AGEを発生)させないこと=余分な糖分は取らないこと。

age%e3%81%ae%e8%aa%95%e7%94%9f

ビタミンⅭ・Eの摂取。

ビタミンⅭ 

レモン、柑橘系 イチゴ キャベツ チンゲン菜など。

ビタミンE

アーモンド、植物油、モロヘイヤ、かぼちゃ、ピーマン

 %e7%b3%96%e5%8c%96%e3%80%80%e3%81%97%e3%81%bf%e3%80%80%e3%81%8f%e3%81%99%e3%81%bf

これで肌トラブルと糖化がいかに密接に

関わりあっているかはわかってもらえたかなと思います。

そこで、毎日の生活の中で取り入れられそうな

糖化対策がほかにもあるので、

これから紹介していきたいと思います。

 

簡単にできることなので、少しの心がけを積み重ねれば、

きな成果になると思います。

体の中からもしっかり肌を改善していき、

いつまでも若々しくいられる自分を目指しましょう。