【停滞期】をふせぐためには糖質が必要。その理由とは。

私は、甘いものが好きで、痩せたいけどやめられない。。。

そんな私が、目についた情報!!

それは、「糖質=NG」ではない。という見出し。

ここから甘いものを食べても良い、と誰かが言ってくれるのではないかという甘い期待を込めて糖質について調べてみました。

そんな中で、「糖質はエネルギーになるのである程度必要!糖質が不足するとエネルギー不足と脳が判断して、エネルギーを使わなくしてため込もうとする働きがおこる!」

なんて書いてある。

うんうん、なかなか良いこと書いてある。

さらには、

「糖質は体内で燃焼しやすいので、脂肪を燃やす着火剤としてある程度の糖質は必要」

なんてことまで書いてる。

これは、私は甘いものをやめる必要がないんじゃないかという期待がよぎったが、それもつかの間。

ただし、摂りすぎると余った分が脂肪になるので、1日120グラム以内が目安!

ダイエットしたいなら60グラム以内が目安とする!!」

はい、そうですよね。物には限度。

糖質が必要だからと言って無限に食べて良いなんて言わないですよ。分かっていましたよ。。。

糖質の量の目安

↓↓

食パン1枚(6枚切り) 約26g

ごはん茶碗1杯 約45g

うどん1玉 約40g

パスタ1食 約55g

ヨーグルト(100g・無糖) 約7g

バナナ1本 約20g

じゃがいも1個 約20g

ショートケーキ 約30g

ビール1缶 約10g

なるほど朝に食パン食べて、ヨーグルト食べて、ちょっとバナナなんかも食べたりして、

なんて、雰囲気で食べたら1食で50gオーバー!!!!!!

そりゃ、痩せないな。

 

50g以内にしたいなら、

1.糖質を多く含む炭水化物を減らして、タンパク質を主食にすること。

2.おかずは筋肉を作るもとになるタンパク質と野菜中心にすること。

%e3%83%90%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9

この2つが最短の改善策です。(決して、スイーツに関しては触れません!!)

そして、これだけでは私は続きそうにないので、この情報を心にとめて頑張ります。

↓↓↓

糖分を取りすぎることで、お肌の老化を促進させる糖化が起こります。

美容効果も兼ねる糖分摂取の制限

体も頭もすっきりして糖化を防ぎ若返る。

良いことがおこるって思うと続けられそうな気がしますね