《ダイエットの落とし穴》運動をしたら太る人がいるって本当?

「運動していれば多少食べても痩せられる」考えが間違っていた理由

書きたいと思います。

 

運動していない友達より,運動している私は,

多少食べても痩せられるんだと,信じてやまなかったのですが、

その考えが覆った衝撃的な見出しはこれ.

↓↓

「そもそも運動は痩せるためではなく、健康のために行うこと。」

 

 

えっ運動したら痩せるんではないの?

と思いますよね。

 

確かに運動すれば、食べた分のエネルギーは、

消費されるので、原理としては、間違っていません。

ただ、運動しているからといって、余分に食べなければ。

というのが大前提でのことです。

 

 

わたしが行っていた運動とは、有酸素運動などですが、

1時間行って得られる消費カロリーは、

せいぜい200~400キロカロリー程度。

 

そのあと頑張ったからといって、

ご褒美に大好きなフラペチーノのトールサイズを飲むと、

420カロリー程度なので、プラスマイナスになるどころが、

プラスになっていたんです。

 

なんとも悲しい、これでは痩せないわけですよね。

ここに書いてあります。

効率的に痩せたいのなら、運動するより食事を変えたほうが簡単!

 

私が運動しても太ってしまった理由は、

運動の仕方が間違っていただけではなく、

長年のゆがんだダイエットの考えで、

無駄なカロリーを,摂りすぎてしまっていたから.

 

%e5%a4%aa%e3%82%8b%e5%8e%9f%e5%9b%a0

だということが分かりますね。

ただ、ストレス解消や、丈夫な足腰を作るという面では、

運動はしないよりは、したほうがいいとも書いてあります。

 

運動好きの人が、心身のリフレッシュを兼ねて行う以外は、

ダイエット目的の運動など、無理に行う必要はないです。

 

私が長年おこなってきた事が、

ダイエットをする上で無駄だったと考えると、

悲しくなるので、足腰や骨を丈夫にしてきた、

と思って気持ちの切り替えをしようと思います。

 

痩せる定義としてはこうですね。

運動+ごほうびより正しい食生活で無駄なカロリーを摂らない。

また一つ勉強になりました。

 

実は今日こんなことがありました。

ダイエットで悩んでいる友人から、質問を受けたんです。

 

「どうしても炭水化物が好きでやめられない。

けど痩せたい。だったら運動を取り入れるしかないよね?」

私は、答えました。

効率的に痩せたいのなら、

運動するより食事を変えたほうが簡単。