『衝撃』うしろ姿がオバサン化させている事実

お姉さま方のリアルな声から分かった年齢のこと。

今日はそれについて書きたいと思います。

それはアラフォーになると、

綺麗や若いの基準がかわってくるということ。

20代のときのように、

痩せている=綺麗ではないみたいです。

「見た目が綺麗 若い」とされる40代と、

そうでない40代の体の特徴を、

若輩者の私がまとめてみました。

若い・綺麗の方の特徴

  • 姿勢が良い
  • 背中に脂肪が少なく、丸い背中になっていない
  • 細いが程よく筋肉がある健康美
  • ヒップが丸く上にあがっている
  • 自然体
  • 二の腕が引き締まっている、半そでがきれいに着こなせている
  • 全体的に引き締まりはりがある重力に負けていない体

そうでない人の特徴

  • 姿勢が良い 猫背
  • 背中が丸まって、下着のゴムの段差が見える
  • ただ細いだけ=不健康にみえる、
  • はりがなく顔周りの皺が目立つ
  • ヒップが垂れている、
  • もしくは四角く横に広がっている
  • 無理している、頑張っている感がでてる
  • 二の腕がたるんでいて長めの丈の袖がある服は着こせなせない
  • 全体的にゆるめ、だらしなく重力に負けてしまっている体

 

こうみてみると、

お気づきかもしれませんが、

後ろ姿が大きく影響している部分が、

多くありませんか。

 

アラフォー世代にとって、

若くて綺麗=痩せているではなく

若くて綺麗=後ろ姿が若い

なんです。

 

背中や、二の腕、ヒップなどは後ろ姿にあたります。

人は、結構後ろ姿を見て、

きれいや若いを判断しているんですね。

いやー恐ろしい。

鏡で見られる正面部分(顔やウエスト)は、

ほどんどの人はきっちりケアできているんです。

だからなのか、

パーソナルトレーニングに来るお客様の、

来店理由のほとんどが、

お腹周りが気になる、

着ている服が入らなくなった。

ですね。

後ろ姿がどうしても気になって

という人は数少ないんですよね。

しかし、

はじめは後ろ姿に無頓着だったお客様も、

ほとんどは最終的には後ろ姿を、

より気にされるようになりました。

理由は、3つ!!

★測定の際の写真撮影で、

自分の後ろ姿の衝撃が大きかったから。

★後ろ姿を変えるには筋肉が必要。

自分ではどうにもならない、

プロの目線でみてもらいたいから。

後ろ姿に年齢が出る

体が変わってから知るから。

私はそれがわかってからは、

後ろ姿を1日に1回みるようにしています。

食べ過ぎたときの次の日は、

びっくりするかもしれないですが、

腰まわりのはみ肉が増えてるんですよね。

そうすることで、

今日は控えめにしようかなと、

自制することに繋がっています。

 

今はこの振り返りが、

私のダイエットのバロメーターになっています。

みなさんはどちらにチェックがおおいですか?

でも大丈夫、

今から改善できる方法があります。

それは筋トレです。

これでほとんどの人が若返りましたよ!

なぜ筋トレが効果的なのか、

どんなトレーニングがいいのかを、

これから書いていきますね。

少しでもみなさんの参考になればうれしいです。