『マイナス10歳の瞬間』アラフォー世代のお客様のリアルな話

あるアラフォー世代のお客様からの一言です。

「食事を頑張れないから、せめて筋トレは続けないとだめだわ。」

その言葉にとても重みがあり、とても勉強になったので、今日はそれを書きたいと思います。

そのお客様が子供の授業参観にでて、他のお母さんの後ろ姿を見た時から話は始まります。

同世代の女性の後ろ姿を、その時初めて、まじまじと見たそうです。

今までみたこともなかった光景がそこにはありました。

昔みたお母さんの後ろ姿とみな瓜二つだったそうです。

背中は丸く、横にひろがっている。

そして、背筋がまがっていて下着におさまりきらない、はみ肉が見えている。

急に危機感を感じたそうです。

私も他人事ではない。

この目の前に写っている人たちと同じ世代

わたしも、もうこんな歳になったんだなと。。。

こういうことって、自分ではわかっているつもりでも深く分かっていなくて、

人を見て分かることってたくさんありますよね

そして、急に自分の後ろ姿が気になり、家に帰ってすぐ、自分の背中をみたそうです。

自分の後ろ姿は…、学校で見た背中と違う!!

背筋もピンとしていて、肩甲骨も浮き出ている。

筋肉がついているからたるみがほとんどない。

安堵感と同時に「きっと筋トレをしているおかげなんだわ」

「筋トレをするということが習慣化されて,前の自分の身体も忘れてた。

筋トレをしていなかったら、全然違っただだろうな」

いかに自分のしてきたことが、効果がある事だったのかをその時、心から実感できたようです。

自分が食事をがんばれないからなんだけど、

「細い」という分類にはいつまでたっても入れない。

食べる自分が悪いんだけど、憧れの体型にはなれない。

なんて思う時もあって、そんな時は

トレーニングを続けるのも、ジムに行くのもめんどくさくなって、

食べてしまうからこのお金は無駄なんじゃないか、続けようかどうしよう

と悩まれていたのですが、その日をきっかけに

やはり筋トレを続ける!

ということを決心したらしいのです。

また、授業参観が終わった日の夜には、娘さんからこんな一言ももらったようです。

「お母さん、めっちゃ細くはないけど、筋トレちゃんとしてるから、

他のお母さんたちみたいに体がたるんでないよね!!」と。

さすが、娘は見ていますよね。その瞬間に、

「そう、食事をがんばれない私がこうして、綺麗を保てているのは、筋トレのおかげ」

「私の見当違いな理想にはなれないけど、娘という厳しい同性の目線をクリアーするだけの体型を、

きちんと維持できているだけで十分なんじゃないか」と。

みなさん、食事が頑張れないからって、筋トレをもやめてしまえば、どうなるか想像はできますよね。

痩せるには運動ではなく、正しい食事が必要なんだと、さんざん言ってきましたが、

例外もあります。

このお客様のように食事を頑張れないなら、質のいい筋トレは欠かせません

私も食事を頑張れない時が多いので、筋トレはしていますよ。

お客様をみて思うのはこれです。

  • 少し食事を変えて痩せるのことができるのは20代まで
  • 正しい食事を完璧にすると、少しは痩せられるのがぎりぎり30代
  • 正しい食事を完璧にすると、なんとか維持くらいできる40代

そこから痩せたい、体型を変えたいとなると、なにかプラス取り入れないと変わらないです。

一番即効性が見えやすいのは、筋トレかなと。

客観的に様々なお客様の変化をみてきたので、そこは自信を持って言えます。

女性はどうしても年々、痩せにくくなるので、

その年に応じたダイエット方法が必要になるということ、

またその年に応じた目標を持つこと大事なのかと。

あとは、このお客様のように、自分の頑張っていることを肯定できる瞬間が、

ちょくちょくあれば、きれいを保っていけるはずです。