猫背を治す方法は「骨盤のかたむき」に注目すること。

肩こり、腰痛、むくみなどのあらゆる体の症状が、猫背からきていると書きました。

今日は、猫背を治したくて運動していているけど、治らないという人について書きます。

なぜ運動で猫背は解消しないのか。

それは骨盤の傾きを無視していることが原因です。

そういった方のほどんどが、「猫背を治すには背中の筋トレがいいんでしょう」と思って、

背中の筋肉だけを意識した筋トレをします

間違った筋トレ方法だと、

猫背は改善できないどころが、肩や腕に筋肉がつきごつごつした印象になってしまった

という残念なお声もよく聞きます。

また余計に肩こりや腰痛がひどくなった気がするとも聞きます。

※ 参考書籍 小林篤史先生 「猫背は自分で治すな」

猫背や姿勢の改善において、背中の筋肉ではなく注目するべきは、骨盤です。

体の中心で、上下のバランスをとっているのは骨盤です。

ですので体の中心からまず治さないと猫背は改善しません。

きれいな姿勢とは

前傾、後傾をしていないまっすぐの骨盤のことをいいます。

猫背でお悩みの方のほとんどはまっすぐではなく、どちらかに傾いています。

傾く原因は日々の生活からきています

体の使い方癖があることで長年かけて骨盤を傾かせてしまっているのです。

骨盤の傾きからチェックしましょう

あなたの体の特徴はどちらに多く当てはまりますか。

前傾の特徴

  • 反り腰 
  • おしりが出ている
  • 下腹が出ている
  • 膝が内に向いている
  • 前ももが固いか張り出している

後傾の特徴

  • 背中と腰が丸まっている
  • 脚の後ろ側が固い
  • ひざが曲がっている
  • がに股気味

筋肉は主に前後でひっぱりあいます。

ひっぱりあっているのでどこかがでたらどこかがへこむので、こういった特徴が見た目に現れてきます。

きれいな姿勢とは、まっすぐの骨盤のことをいいますが、

それは筋肉においては、前後の筋肉の強さのバランスが同じであることを言います。

筋肉のバランスが取れえている人の、分かりやすい例えとしては、バレリーナさんです。

彼女は足を大きく動かすことで、均等に負荷が分散され、バランスよい筋肉がつきます。

 

私はヒールをはくのですが、ヒールをはく人は、前ももを使って歩きます。

そうすると、前ももの筋肉が自然と強くなるので、後ろの弱い筋肉をひっぱって骨盤を前に傾かせます。

前に骨盤が倒れたまま、背中の筋肉だけ鍛えたらどうなるか、

猫背は改善するどころが、強い背中の筋肉が弱いおなかの筋肉をひっぱり、

よりでっちりになり、さらに姿勢を悪くしていまいます

ですので、やみくもに背中の筋肉だけきたえても、

体の中心の骨盤の傾きがまっすぐにならないかぎり、猫背はなおらないです。

では骨盤をまっすぐにするには、どうすればいいのか。

お尻が出ている人はひっこめる筋肉をつけること

②お尻が出ていない人は突き出す筋肉とつけること

これで解消できます。骨盤の傾きが解消されること、こんなたくさんのメリットがあります。

骨盤回りや上半身の筋肉が大きく動かしやすくなるので、

血行がよくなり代謝があがり、脂肪が燃えダイエット効果がでやすくなります。

食事制限しなくても3kgやせたお客様もいます。

筋肉のばらつきがなくなることで、膝が正面をむき足のラインが、

まっすぐになるので0脚解消にもなります。

全体的なシルエットがきれいになるので、自信がわき気分が明るくなります

またこんな症状の改善も期待できます。

  • 腰痛やひざの痛みの解消
  • 姿勢が良くなり10歳若く見られる
  • 肩こり 首こりの解消 
  • 四十肩 五十肩の予防
  • 頭痛 生理痛 の解消
  • むくみの改善

骨盤の傾きを解消するには、骨盤周りの筋肉のバランスを整える筋トレが必要です。

そういった細かい部分は、自己流では見極められませんので、

パーソナルトレーナーの方に見てもらうのが、一番おすすめです。