挫折・リバウンドをする私が、スパイラルから抜け出せた理由

ダイエットって短期で考えるものではなく、一生続けていくものと考えるべし。

特別な理由がない限り。(1カ月でオーディションに受けるなど)

仮に短期で考えると、どういったことが起こるか考えてみましょう。

皆さんが陥りやすいパターンはこちらだと思います。

今だけ我慢すれば痩せられると自分に言い聞かせながら、好きなお菓子をダイエットのためにとすべて断ちます。

本能は食べたいのですが、それを無視して、我慢しているので、ストレスが溜まっていきます

一定期間はできたとしても、ストレスがたまっていくので、途中で挫折して反動で食べてしまいます

よくあるリバウンドです。

つまりこれはダイエットを短期に考えたからです。

すぐに痩せたいという欲求をみたそうとすると、どうしてもそのために過度なダイエットに走ります

一瞬は痩せるのでダイエット成功だといえるけど、リバウンドする可能性が高いので、長期的には失敗だとおもいませんか。

リバウンドを繰り返す人の特徴は、

やはり短期的に考えていることが多い傾向があると、いろいろなお客様を通して分かりました。

私にも経験があります。

1カ月でマイナス4キロなど目標設定をします。

食べ物を減らせば早いうちに痩せてくれるので、食べたい欲求をおさえて、根性でがんばって乗り越えようとします。

ですが長くはつづきません。我慢からのストレスを発散したくて、一気に食べてしまいます。

もうお分かりだと思いますが、無理な食事制限にはセットでついてくるリバウンドが起こり、ダイエットする前より太ってしまいます。

結局、私の我慢ってなんだったの?状態ですよ。

ではどうすればリバウンドや挫折なしのダイエットができるのか。

特別な理由がないかぎり、短期で考えないことです。

マラソンだと思ってください。

一生走り続けられそうなことを見つけてそれを日々実践していく。

そして、目標を高いものにするのではなく、小さな目標にすること。

その小さな目標を一つずつ達成してための手段をとっていくと、おのずと大きな目標にたどり着くことになります。

「少しづつでも減っていればok、1年後3キロ痩せていればいいんだ」と長期的なスパンで考えて、一生続けられるようなことをコツコツすることが大事です

たとえ1カ月で4キロ落とせたとしても、リバウンドをしてしまって1年後なにも変わっていない、いやむしろ体重が増えているということにはならないようにするに、

ダイエットは「やる・やらないの二択ではない、継続するもの」という意識をもち、長い目でみるようにして、小さな目標を達成してきましょう。

1つルールを決めました。

1年後3キロ痩せられたらいいので、まずはダイエットに余分な間食を1つか2つやめる。

アイスクリームとクッキーです。

またパンはやめては主食も食べたいときしか食べない。

無理な食事制限ではないのでストレスとは感じないです。

1週間、、アイスとクッキーを食べずにいると、とても達成感がありました。

同時にこれなら続けていけそうと思えました。

以前より体重の落ちはないですが、ストレスもなく、達成感もあるし食べることも楽しめているのでそれで十分です。

長い目でみれるようになったことで、目の前のケーキを食べたから、体重が少し増えたからって、一喜一憂したり後悔することもなくなりました。

長期的な成功を目指しているので、11回のことがすごく小さく思えてきます。

これはこれ、食べたものは明日取り戻せばいいすぐ気持ちを切り替えます。

ケーキ後や外食の罪悪感がないのが何よりうれしい