スリム美人、ダイエットに効果的な買い物テクニック10選

太りくせチェックBがあてはまったのが多い方、

『太りやすい買い物の癖』がついていることで、ダイエットが成功しない可能性が高いです。

それでは今日は、

スリム美人の買い物の仕方を紹介します。

あなたの買い物の仕方の違いをチェックしてください。

    買い物の頻度が多い

    主に生鮮食品を買う

    カゴに入れる順番は肉 魚 野菜 最後に加工品やお菓子

    足りなくなったら買いにいくという習慣ができている。

    冷蔵庫に何が入っているか把握している

    買い物のメモは、何が残っているか、を書く。

    嗜好品を買うときは価格・成分表などをみたりして必要なものか一旦考える。

    特売・○○限定・新商品には飛びつかない

    買い物の時間が短く寄り道もない

    空腹では買い物に行かない

あなたの買い物の仕方とどのくらい違う項目がありましたか。

  • ついつい、買う必要のない特売や○○限定の冷凍食品や、お菓子など買っていませんか。
  • また、スーパーの滞在時間が長いことで、
  • 本来買う必要がないものまで見つけ出して、買っていませんか。
  • 念のため、多めに、ついでにという思考回路が働いて、
  • 余分なものなど買っていませんか。
  • 無意識にかってしまった冷凍食品、加工食品が、
  • 冷蔵庫にあふれていませんか。
  • デザートのコーナーにかならず立ち寄っていませんか。

私は、デザートのコーナーに必ず立ち寄る癖がありました。

誘惑にまけて、目新しいものも含め2,3個まとめ買いなんてしょっちゅう。

生ものは賞味期限も短いので、『賞味期限きれちゃう前に~』といって、余分に買った量までついつい食べてしまっていました。

冷蔵庫はこうして、余分なもので埋め尽くされ、

把握もできない状態になっていきます。

そうすると作りすぎる事が多くなり、『余ったらもったいない』と、痩せたいと思っているのに、

賞味期限切れ前の食品の残飯処理に必死になって、食事の量がどんどん増えていきます。

また、手間のかからない加工食品や冷凍食品の購入もあったら便利かも」という思考で多く購入していると、

『おなかすいたらすぐに食べられる状態』を作ってしまいます。

そうしてどんどん脂肪貯金はたまっていくのです。

買い物上手の方は基本は冷蔵庫がすっきりしています。

  • すぐ簡単に食べられる冷凍食品や、加工食品はあまりありません。
  • 作りすぎないように、あらかじめ小分けにしてから冷凍保存をしています。
  • 生鮮食品が多いです。

こうして買い物の仕方を分析してみると、痩せたいのか太りたいのか分からないですよね。

痩せたいのにダイエットとは違う思考が働き、食べ過ぎてしまっている状態なるので、ダイエットが成功するわけないのです

私はそこから買い物の寄り道はやめました。

見るからほしくなり、新しいものをどんどん買いたくなるからです。

もし、寄り道しなくとも、甘いものの誘惑に負けそうになったときは、ラベルをみるなどして、本当に必要なのか考える時間を設けることにしています。

そうして冷静に考えると『やっぱりいいや』と思えます。

誘惑には弱い私みたいなタイプは、

買い物の際も意識的に、心がける必要があります。

私みたいにお金を使って脂肪をため、さらには、その脂肪をおとすためのダイエットにお金をかけていた、

なんてことにならないように。

Bが多くあてはまった方、スリム美人さんの買い物方法を取り入れて経済的にもお得にダイエットをしてみましょう。