ダイエットに効く良いチョコレートの見分け方

『カカオ70%以上』のチョコレートがダイエットに効果があるとこちらの記事で紹介しました。

70%のチョコレートってそれ以下のチョコレートとどう違うのか。

チョコレートの基本的な構成成分は、主に3種類
  • 「カカオマス」と呼ばれるカカオ豆を焙煎し粉砕加工したもの
  • 「砂糖」と「粉糖」
  • カカオマスからとれる脂肪分「カカオバター」
70%のチョコレートというのはカカオマスとカカオバターを合わせて70%を占めているもの指しています。
~イメージ~
カカオマス60%+カカオバター10%+砂糖や粉糖30%
カカオマス40%+カカオバター30%安砂糖や粉糖30%
どちらもカカオ70%と表示されます。
カカオマスにダイエット効果があるので割合が高いほどダイエッターさんにおすすめです
といってもチョコレートって結構出回っているので、その中でも高級なものが買いたいという方必見。

高級チョコレートの定義とは。

<成分>
ほとんど、カカオ豆の原材料そのものだけで作られます。
カカオマスとカカオバターと砂糖です。
とてもシンプルなもので、これだけで良いチョコレートの条件です。
<見た目>
黒くてツヤがある。
<音>
割った時の音がぱパキンを言う
気泡が入っていないものほどいい音がします。これはチョコレートを作る工程できまります。
<香り>
カカオの深い独特の香り
各高級チョコレートメーカーは、自社で直接産地に出向き、高品質なカカオ豆を厳選したり、香りや風味の異なるさまざまな産地のカカオ豆を買い付けたりしています。
よって値段が高くなってしまうのは当然といえば当然なのです。
※カカオ豆の選定から焙煎、板チョコレートになるまでの全ての製造工程を自社で手掛けるチョコレート専門店『bean to bar』もここ数年で目立ってきています。

市販のチョコレートの特徴とは。

<成分>
カカオバターの変わりに一般的には植物油脂が使われ、カカオバターより多く入っている事がよくあります。
また中にはトランス脂肪酸や添加物も多く使われてたりします。
<見た目>
ツヤがなく茶色い
<音>
パキンと音がしない
<香り>
人工的な甘い香り 

普段何気に手にして食べているチョコレート。

同じ70%のチョコレートでも。各メーカーや各産地、工程によって、特徴が様々なのです。
ただ何気に食べるよりも、成分をみたり香りを嗅いだり、音と聞いたり、じっくり観察したりと、食べる以外の五感を使った楽しみ方もあります。
このようにして、チョコレートそのものに興味がわけば、『おもわずたべすぎちゃった』『知らぬ間に全部たべてしまった』ということが減るかもしれませんので、ぜひ一度試してみてください。