ケーキを食べる日をつくればダイエットは続く

みなさんダイエットを成功させるためにはたまには誘惑に負けましょう。

さんざん「誘惑に負けないためには」ということを書いてきているので、誘惑に負ける=良くないこと、となってしまっているかもしれませんので、ここで一つ書かせてください。

誘惑に負けることがあっても問題なし。

「今日は解禁、今日はおなかいっぱいケーキをたべたい。大盛りのラーメンをたべたい。」

こんな誘惑は悪いことではないと思います。

誘惑にはそうそう勝てないと以前書きましたが、私もそうです。

だから「誘惑に負けないようになりましょう」とは一切いうつもりはありません。

ならば負けてあげよう、負け続けなければ良いのです。

甘いお菓子も、大盛りのラーメンも心にとっては栄養だ、明日からこれで頑張れる!と前向きに考え罪悪感からのストレスがなければ勝ちです。

­­­­­大事なのは、1回の誘惑に負けたからっといってダイエットを諦めないことなのです。

以前の私は、「食べ過ぎてしまった~」といっているだけで、取り戻そうとすることもなく、放置していました。そんなことが何回か同じ事が続くと、対処できなくなり、いつのまにか成果のでないダイエットになり挫折してしまっていたという経験があります。

でも今は、「その分、取り戻せばいい」と学びました。

見て見ぬふりをして、なかったことにするのではなくきちんと対処をすればいいのです。

食事は毎日の積み重ねなので、一度食べ過ぎたからと言って、それで取返しがつかなくなるなんでありません。

それを取り戻しさえすれば、ケーキやラーメン、今日は解禁!ついつい食べ好きちゃった~がオッケーになるのです。

一番してはいけないのが、見て見ぬふり何もせずにそのまま放置しておくこと。

ではどんな対処法があるのか。

①まず食べ過ぎた自分を認めて肯定すること。

なんで食べ過ぎたのかとくよくよするのではなく、そんなときもあるよ、前々から楽しみにしていたことだし、実際に楽しかったし、おいしかったし、幸せ。また明日から頑張ろう。食べることが自分にとって一番良い選択だった、と気持ちを前向きに切り替える事です。

②次にこの分をどう取り戻そうかと考える。

私の場合、取り戻すことを忘れがちなので実行に移せるまで考える必要があるのですが、ただ中には、「この食べ過ぎた分を明日1日断食して取り戻そう」と大きすぎる課題を自分に与えてしまって、まるで「食べ過ぎた罰」のようにストイックになりすぎる人もいます。そしてそれがさらにストレスを呼んでしまうということもあるので、自分自身はどちらのタイプかなと考え、気軽に無理なく取り戻せる方法を選んでください。

  • 明日は野菜だけするなどして気持ちが楽になるならこの方法。
  • 明日もあさっても外食があるなら、朝と昼を少な目にして2.3日かけて取り戻す方法。
  • 今日から1週間、間食をやめるなどして1週間かけて取す戻すことも1つ。

③決めたことを実行する。

誘惑にまけてしまっていもいい条件は、

一度の誘惑の負けたことで、やけを起こして「もお、いいや」とならないこと。となるとせっかく今まで頑張ってきたことも台無しです。

重要なのは、誘惑に負け続けて食べ過ぎを習慣化させないことです