誰かのためのダイエットを止めたらオシャレを楽しめるようになった。

ダイエットをはじめるきっかけは人それぞれ様々ですが、かなりの高確率でダイエットを挫折してしまう開始理由というのがあります。
それは、「他人に認めてほしい」という欲求からダイエットを始める人の場合、長続きさせることができない人が大変多いです。

なぜ、それでは長続きしないのか。

それは簡単です。
他人に認められようとはじめるダイエットは、自分のために頑張っているのではなく、人のために行っている努力だからです。
はじめは、認められるために必死で努力しますが、その努力がどう評価されるかは他人次第なので、正当に評価されるかは分かりません。
もちろん、しっかりと信頼をおける関係が成立していて、正当な評価をしてくれる相手は別です。
しかし、そもそも、他人をあまり認めない人が、期待した通りの評価をしてくれるでしょうか…。大半が、期待を大幅に下回ります。
そうなったら一大事です。
「こんなに頑張っているのにどうして…」と落ち込み、怒りや悲しみから、完全にダイエットに対するモチベーションが切れてしまい、その時がダイエットを止める日となってしまいます
始めるときは「あの人に認められるために絶対がんばる!!」などとあんなに決意が強かったのに、期待している以上の評価はもらえないとわかった瞬間、ネガティブな感情しか生まれなくなってしまいます。
  • 「やっぱり私は努力しても無駄なんだ」という劣等感。
  • 「私はいくら努力しても認められることはないんだ」と自信の喪失。
  • さらには、相手が認めてくれないことが裏切りに変わり、憎しみの感情を生んでしまうこともしばしばです。
他者を基準にするダイエットでの挫折は、ダイエットに失敗するだけでなく、そこから自信まで失い、大切な人を失う可能性が大きいので、そうなる前に、自分のためと目標をなるべく早く置き換えてダイエットを行っていきましょう。

相手から痩せろと言われた場合の対処方法は、

相手は、あくまでもダイエットをする上のきっかけでとどめておいて、「そうやって言われる自分から自分のために変わりたいだから私は痩せるんだ」という自分軸のダイエットを行うことです
そうすると「自分が変わるためにはダイエットの他に何かできることはないだろうか、」とやるべきことが自然とどんどん思い浮かんできます。
  • 「痩せたら、前から挑戦したかったあの服を着てイメチェンしよう」
  • 「ネイルもヘアサロンも行って、ダイエットの気分転換をしよう。キレイになってさらにモチベーションもアップ。ダイエット、辛いけど楽しい」
  • 「そういえば、前から勉強したかった本でも買ってみよっかな」
  • 「誘われてた飲み会、今なら参加したいと思えるかも」
などと、自分のためにやりたいことが出てくると思います。
そんなことを考え、進めていくうちに、本来のきっかけとなった、あの人に認められたいということに時間を費やす余裕なんてないことに気付きます
そして、今では自分が興味を持つことがたくさんあるので、あの人に絶対認められたい、という気持ちを占める割合はほんのわずか、場合によっては消滅しているでしょう。

自分のためのダイエットは自然と続くので途中で挫折することが少ないです。

ダイエットは、認めてくれない他人のために頑張って成功するほど簡単な物ではありません。やめたいと思う時も必ずあると思います。
  • そんな時に他人が親身に助けてくれるでしょうか。
  • 自分でどうにかできなくて、この先もモチベーションをどうやって維持するのでしょうか
  • 自分がしたくないダイエットをどうやって続けていけれることができるのでしょうか。

もちろん、人に認められたいと考えるのは、悪いことではありません。

何かをする上で大きな力になってくれるのは確かです。
人は承認欲求があるので、なにかをするときに「自分は注目されている」という実感があるほうがモチベーションが上がり生産性があがるというデータがあります。
また女性なら好きな男性から興味を持ってもらうためにきれいになりたいと思うのは当然でしょう。
ですが、あくまで自分がこうなりたいという意思や目標をもったうえの、+αとして考えたほうが挫折しないですみます

ダイエット中の自分に、一度聞いてみてください。

  • これはやりたいこと・やってみたいことなのか
  • さ自分が必要だと思ってやるのか、他人に必要だと言われてやるのか
他人に認められたいダイエットだとしても、自分がしたくないことをするのか、やりたいことをするのか、自分で決めて始めるのか、ここをしっかりと見極めて始めるだけで大きく結果は変わってきます。
そして、そうやって頑張っているうちに、はじめは100%自分のために始めていなくても、
「以前よりも洋服がきれいに着れるようになった」
「ふと鏡を見たら、鏡に映る自分の変化にびっくり」
「前よりもおしゃれなカフェに行くことが楽しくなった」
など、自分に返ってくることがたくさん出てきますので、きっと自分のためのダイエットってこういうことか、と思う場面に多く出会えるはずです。
この気づきに出会うほど自分のためのダイエットに変わっていき、楽しくなります。

他人に認めてもらうため、自分がしたくない努力をするには限界があります。

努力を努力と感じない範囲のことでしか人はなかなか続けられないので、どうしても挫折してしまいます。
今、ダイエットが辛いと感じておられる方、もしくはこれから始めようと思われている方は、ぜひこのダイエットは何のためにやってるのか、少し立ち止まって考えてみてください。