コンビニチョコレートだから太る

「ダイエット=チョコレートはだめ」はもう時代おくれ。

活用次第でとってもダイエット効果が高まります。

まずはチョコレートの選び方から。

カカオ70%を選んで安価の物を選ばないです。

理由はこちらのブログでも紹介しています。

「いつも食べているコンビニチョコレートではだめなの?」と思いますよね。

はい、だめです。

一般的に売られているチョコレートは、残念ながらチョコレートではないからです。

実はチョコレート味になっている砂糖だからです。

チョコレートテイストシュガーです。

例に原材料をみてみましょう。

大抵一番はじめに砂糖がきていませんか。

原材料名は一番多いものから順番に書くように定められています。

ですから安価で売られているのは、ほとんど砂糖といってもいいでしょう。

表にはカカオ70%と書いてあっても、裏を見たら砂糖が一番はじめのことが多い場合もあります。

本当のチョコレートなら一番初めにカカオマスが入ってきます

砂糖はその後か3番目あたりです。

カカオマスは砂糖より原価が高いので、安価で売られていません。

ですので、選んでほしいのは、カカオ70%以上で安価ではないものです。

できればいつでも気軽にどこでも食べられる定番の板チョコタイプのタブレットをおすすめします。

なぜダイエット効果があがるのか。

魅力1少量で満足度が得られるので、食べ過ぎや余計なものを食べなくて済む

  • カカオの香りで心が満たさせる。
  • 口どけがゆっくりなので、味わいを楽しむのに時間がかかる
  • 砂糖が少ないのでまた食べたいという欲求がおきない

魅力2甘いものを食べたくなったときの緊急用になりケーキやクッキーを食べなくて済む

魅力31度に食べるのがもったいない精神が働き食欲がセーブされる

私は「ドモーリ イル カカオ100%」25gの4分の1での満足感が得られるので、とても重宝しています。

はじめ70%を口にしたときは、苦味や渋みが初めにきて、美味しいと思いませんでした。

もう一度普段のチョコレートをたべてみたら、まったく味が違うということに気付き、

その時はじめて、今まで好きで食べていたチョコレートは、チョコレートではなく、ただの砂糖だったのだと気づきました。

それからカカオのおいしさにはまり、今では100%を美味しく頂いています。

一度、本物のチョコレートを食べてみてください。

そして今までチョコレートと思い込んでいたということに気付いてもらいたいです。

始めは慣れないかもしれませんが、子供の頃、苦くて、コーヒー牛乳しか飲めなかったのに、いつの間にか飲めるようになってくるのと同じように、カカオそのものの美味しさにも慣れてくると思います。

ハイカカオチョコレートを味方にすれば、今まで食べていた間食がぐっと減り、また好きなチョコレートを我慢しなきゃいけないストレスから解放されるので、ダイエット成功がうんと近寄ってくることでしょう。