「仕事と家庭」どちらも選べる時代 AITHの今後のビジョン。

女性で独立して、

フリーランスで働いてる人は

たくさんいます。

 

デザイナー、プランナー、アフィリエイター

トレーナー、弁護士、

ショップオーナーなどさまざま。

 

人より得意な事、
興味があることを追求し、
手に職や、専門知識があって、
少しの度胸とネットワークがあれば、
一人でも働いていける。

 

もちろん、勤めることで得られる保証は大きい。

しかし、今の時代「何が安定なのか」とも思う。

 

不安定な独立を進めない人も一定数いる。

しかし、

独立して働くメリットは確実にある。

 

それは、

働く時間や場所を自分で決められる

ということ。

子育てや勉強したいことがあれば、

1日5時間自分のことに使っても良い、

 

または、平日に休んだり、

自由に休みを決めたりもできる。

 

女性にとってこそフリーランスで働くことは、

良いのではないかと

自分がフリーになってからより強く思う。

 

ただし,もちろん収入の保障はない。

医療保険も、年金も自分でしないとけない。

 

背負うものは大きくなるし、

責任という2文字が大きい。

しかし、

なによりも自分がやれば、

その分成果となって返ってくる。

また、以前のブログにも書いたが、

自分のやり方次第では、

企業で勤めるよりも長く働けたり、

もしくは、

固定で給与が長い期間、

入ってきたりすることだってできる。

 

やりがいを感じられる部分はとても大きい。

 

今の私の目標は、

パソコン1台あればどこでも(海外でも)

働ける環境作りができるように頑張ることである。

少し前までは、

会社にしばられない生き方なんて、

自分には関係ないと

思っていたが…、

ある日思いがけず飛び立つ時がきた。

 

しかし、飛び立ってみたら意外といけるものだ。

 

みなさんにもそんな時がくるかもしれません。

33歳の私に起こった、

独立というできごとが…、ははは。