糖質制限をするとなぜ痩せるのか!お正月前に必見!

最近、糖質制限って流行ってますよね。

私も実践しましたが、

あまり変化がなかったということを、

以前のブログでお話しました。

 

変化がでにくい理由として、

遺伝子的に糖質の代謝より、脂質の代謝が苦手だったこと。

ただ、変化がでにくいだけで、

糖の摂取をおさえると、

大幅には落ちないですが、

こんな私でも痩せやすくはなります。

 

なぜ、糖の摂取を抑えると、痩せやすいのか。

糖質をおさえることで、インスリン(肥満ホルモン)がでにくくなるからです。

 

「知識」
インスリンとは。

血中にはいってきた血糖を体を動かす、

エネルギーとして使えるようにする働きをする。

このように必要なホルモンなのですが、

同時に身体に脂肪を蓄えさせる働きもする。

 

大量にインスリンを分泌させてしまうと、

どんどん太りやすくなるというわけです。

インスリンを大量に分泌させないこと=余分な糖質はとらないこと。

が重要になります。

 

食事で糖質をとればとるだけ、

太りやすい体を作ることになるので、

糖質をできるだけ抑えた食生活を送るというのが、

ダイエットに効果的と言えるのです。

 

 

ですので、

糖質の代謝が得意な私だからといって、

調子にのって、

糖質をたくさん食べると、

インスリンが大量に出て、

太りやすくなっていきます。

 

糖質の量など細かく計算したりする、

必要まではないですが、

痩せたいのであれば、

控えめにすることを常に、

心がけなければならないです。

ちなみに糖質ってなに?という方に。

糖質の多い食品はこれです。

主食となるご飯やパン、パスタ、麺類。

かぼちゃや芋などの根野菜や、豆類、

もちろん、和菓子やケーキ、クッキーなどのおやつ。

毎食、主食をとっているのであれば、

とりあえず1回は抜く、

または、毎食の主食の量を半分にしてみる
毎日デザートやおかしを食べているなら、

2日に1回にしてみる。

 

こんなかんじから、始めても効果はありますよ。

ちなみに私はやっぱりお菓子を食べたいときが必ずあるので、

その時は、1食の主食は抜くといった事を行っています。

あっ、お餅も食べすぎないようにしてくださいね。

食べるのであれば玄米餅をオススメします!

白いご飯よりも玄米のほうが、

肥満ホルモンのインスリンの分泌が抑えられるからです。

thumb_genmaimochi6